ようこそ鈴蘭台福音教会へ☆

鈴蘭台福音教会のホームページにようこそ。
私たちの教会は、緑豊かな神戸市北区にある、
家庭的なプロテスタント教会です。
毎週の礼拝の他に、各種集会やイベント等を行っています。
教会は初めてという方も、どうぞお気軽にお越しください。
令和2年度より礼拝は三部制(9:30、11:00、16:30)で行っています。
第二礼拝はYoutube配信もあります。

今年度標語
「新会堂を目指して(2年目)」
今年度聖句
イザヤ書43章19節
「見よ、わたしは新しいことを行う。今、それが芽生えている。」

l-h6-g

★2021.4.4 今年度聖句を更新しました。
★2021.3.29 4月の教会カレンダーを更新しました。

カテゴリー: ようこそ鈴蘭台福音教会へ | コメントする

連絡・報告 new!

2021年4月11日(日)

●兵庫県はコロナの感染者が増えています。お互い気をつけてお過ごしください。●体の弱さを覚えておられる方のため祈りましょう。●新改訳聖書2017をご希望の方は宮崎牧師まで。

カテゴリー: 礼拝 | コメントする

礼拝メッセージ new!

2021年4月11日(日)「子どもへの祝福」マルコ10章13~16節

今日もマルコの福音書より学びます。この箇所はこども祝福式の日によく語られる
箇所であり、CS教師任命式でも読まれる箇所です。ここでのイエス・キリストの
言葉や態度を通して、

1.子どもを招くイエス・キリスト(14節)
旧約聖書では民数記でも総数に女性や子どもの数を入れていないことから、
子どもを軽んじているようにもみえるのですが、イエス・キリストは子どもを愛し、
一人の人間として尊ばれました。子どもを軽んじるイエス・キリストの弟子たちを
怒ったように。この「憤って」(14)という言葉はここでのみ使われている言葉で、
非常に憤るという意味です。「子どもたちを、わたしのところに来させなさい」と
子どもたちを招くイエス・キリストがそこにいます。

2.子どもたちを祝福するイエス・キリスト(16節)
イエス・キリストは子どもたちを抱き、祝福したのです。私たちの神は祝福を与える
お方です。イエス・キリストの招きに応えている子どもたちのように、へりくだって
いつもイエス・キリストの招きに応答するものでありますように。

3.小さき者を愛するイエス・キリスト(9章42節)
子どもたちだけでなく、体の弱さを覚えている者、心貧しい者など小さい者を
イエス・キリストは愛します。

(まとめ)神の国は「子どものように」(15)神の国を受け入れる者でなければ
いけない。ですからこの子どものように「受け入れる」ことが大切です。
子どものように素直で、謙虚で、受容性のあることがキリスト者にとって最も
重要なことです。

カテゴリー: 礼拝 | コメントする