礼拝メッセージコピー用

2020年2月23日(日)「主イエスの洗礼」マルコ1章6~11節

イエス・キリストはバプテスマのヨハネから洗礼をヨルダン川で受けられたのです。
私たちも罪を認め、悔い改めるだけでなく、パフテスマを受けることが必要です。
主なるイエス・キリストが受けられたことで。

1.模範としてのイエス・キリスト(9~11節)
イエス・キリストは罪がないお方ですが、「すべての正しいことを実行するのは、
わたしたちにふさわしいのです。」と。(マタイ3・15)
バプテスマのヨハネから模範としてイエス・キリストは洗礼(パプテスマ)を
ヨルダン川で受けられたのです。そのとき、天から声がしました。
「あなたは、わたしの愛する子、わたしはあなたを喜ぶ」と。

2.人となられたイエス・キリスト(9節、マタイ3章)
マルコの福音書では「ナザレから来られ」と書かれています。ナザレの田舎で育ち、
神であられたお方が人となられ、へりくだられたのです。人が味わう苦難や試練を
受けるために、神であられるお方が人となられたのです。
ヨハネはパプテスマを授けることを拒みましたが、イエスは受けられたのです。

3.弟子たちにパプテスマを授けることを命令された
主なるイエス・キリストは昇天前にそのことを弟子たちに勧めます。
大宣教命令です。(マタイ28・19)ですから、洗礼を受けることは必要不可欠で、
自分に死に、イエス・キリストにより新しく生きることを意味します。
また水からあがることで、新しくキリスト者として人生を生きることになるのです。
初代教会でも洗礼の儀式を大切にしていて(使徒2・40~42)
洗礼を受けた者はみな弟子として生きたのです。洗礼の意義を正しく知り、
その恵みに感謝して歩みましょう。

カテゴリー: 礼拝 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Spam Protection by WP-SpamFree